コラム

ムース食について

噛む力や飲み込む力が弱くなってきた方に、他のご利用者様と同じお食事を提供していいのか悩むことはありませんか?

調理済冷凍食材を使用している施設では、どのようにムース食を提供すればいいのでしょうか。

そんな施設様のお悩みのひとつ、ムース食について理解を深めていきましょう。
実際のムース食の作り方や、便利なムース食商品についてもご紹介致します。

■ ムース食とは

ムース食とは、通常の料理を細かくしたりすりつぶしたりしたものに、とろみ剤などを使用して再び料理の形に整えた食事形態のことを指します。

介護食の中でも、通常食と同じように見た目、味、香り、食感を楽しむことができます。

■ 対象者

通常のお食事では咀嚼や飲み込みが難しいけれどミキサー食のような流動食にする必要はない方に向いています。

一般的な介護食の「きざみ食」や「ミキサー食」に比べて形や色合いを楽しむことができるので、食欲を低下させずにお食事を楽しむことができるのがムース食の最大のメリットです。

うまく咀嚼できなくてもまとまりやすく、嚥下しずらい方にも飲み込みやすく、水分が少ないので少量でも栄養を摂ることができます。

■ ムース食作り方

すり鉢やフードプロセッサーで食材をなめらかになるまでしっかりすりつぶし、ゲル剤などで固めて再成型します。

嚥下しにくいと言われているサラサラした液体などはとろみをつける、パサパサしたものは水分や油分を加えまとまりやすくするなどの工夫が必要です。

しかし、手作りでムース食を作る際には、出汁などを加えて嚥下しやすいように加工するため、栄養価が薄れてしまうことが懸念されます。

また、見た目を楽しむための形成にもひと手間が必要です。

■ MY PANTRYのムース食

手作りでは意外と手間のかかるムース食、冷凍献立食材を利用されている施設様にとっては課題のひとつかもしれません。

MY PANTRYでは、解凍して盛り付けるだけで簡単に提供することができるムース食をご用意しております。

朝・昼・夕の1日分の栄養価を計算してパッケージされた美味しく安心・安全なムース食を、通常のお食事と同単価で差し替えることができます。

また、素材の味をしっかり感じていただける味付けに加え、ムースをより一層美味しく召し上がっていただくために、毎食とに特製のソースが献立を豊かな風味に引き立てます。

MY PANTRYでは、1ヵ月のムース食の献立としてもご用意しておりますので、献立を考える必要もありません。もちろんスポットで1日分のみムース食に変更することも可能です。

通常食に比べて手間とコストがかかってしまうムース食が、通常食と同価格で差替えでき、また解凍するだけでご提供できるのも嬉しいですね。

ムース食も併せてご試食可能です。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP